歯周病治療と基本的な知識

歯周病治療をしていく上で、歯周病に対しての基本的な知識もつけて置くことです。

歯周病治療は、歯医者さん任せにはできない歯の病気です。

歯科医院での処置もしてもりながら、ホームケアもきちんとしていくのが歯周病治療です。

歯周病は自覚を持ちにくい歯の病気ではありますが、進行すると最終的には、大切な自分の歯が抜けてしまう、怖い歯の病気でもあります。


成人した日本人は、80%もの人が歯周病にかかっていると言われています。

そして天然の歯を失ってしまう原因としても、歯周病が1番多い理由です。

細菌の塊であるプラークにより、歯周病にかかると歯を支えている、まわりの骨が徐々に溶けていきます。

だんだんと揺れてきたり、歯茎に腫れが出てきたりして、終いには歯は抜けていきます。



最初の段階では自覚症状がないために、進んでしまうのを気がつかないことが多いです。



年齢的にも若いと、体内の免疫力がありますから、歯茎へのプラーク音侵入に対しても、症状としては歯茎の腫れが軽く出るくらいです。

でも年齢が上がると肉体的に力がなくなるのみではなく、体内の免疫力も下がってしまいます。



衰えてしまった免疫力では、プラークの侵入に、若ころのようには太刀打ちができなくなります。

こうして歯周病になってしまうわけですが、年齢は関係なく、日々のデンタルケアをしていくことはできます。
免疫が低下した分、丁寧な歯のケアをしてあげましょう。
丁寧なブラッシングをしたら、デンタルフロスでのお手入れもするといいです。