歯医者と自宅での歯周病治療

歯周ポケットと呼ばれる歯茎と歯の間に細菌や歯石などのごみがたまることで、そこから出血などが発生し、最悪歯が抜けてしまう可能性があるのが歯周病です。
この歯周病の一番の対策は、まずは歯磨きをしっかりと丁寧に行うことです。

日々の歯磨きの中で歯周病対策や歯周病治療もある程度は可能であり、歯茎と歯の根元の部分に歯ブラシを当てて、掻き出すように磨いてやることで、いったん広がった歯周ポケットを引き締めることも可能となってきます。

歯磨きでは対処が出来ず出血が止まらない場合などは、早めの歯医者の受診が肝心です。



歯周病治療では歯周ポケットの深さが大きい場合には、歯医者で行ってもらうしか対応が出来ません。

歯周病治療において、歯周ポケットにたまったごみをきれいに取り除くことが自宅でできないほど深くなってしまった場合には、歯医者での対応を行っていくとなるわけです。



歯周ポケットが余りにも深くなってしまった場合には、治療が中長期にわたることも考えられます。

そうなる前に早めに歯医者を受診して早期発見、早期治療を心がけることが肝心となっていきます。

このとき、歯医者によっては定期的に受診を勧奨するところがあり、そのことで早期の状態の確認と治療とにつなげられます。



最大の効果は歯周病などの病気になる前に、歯石の除去や歯垢の除去などをしてもらえ、さらにブラッシング指導などを受けて、歯周病になる前の対応が重要になってくるわけです。