歯周病治療で行うこと、治療の重要性

歯周病になると、歯茎が腫れたり出血したりし、最終的には歯が抜けてしまいます。

現在では日本人が歯を失う最も大きな原因になっています。
初期段階では自覚症状はほとんどなく気づきにくいのですが、成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。


症状が進行すると治療の甲斐なく歯が抜けてしまうこともあるので、しっかり歯周病治療しましょう。まず最初に歯周病治療・予防両方に効果的な「プラークコントロール」を行います。
正しく歯磨き・歯間ブラシ・デンタルフロスの使用をすることで、歯周病菌の増殖を抑えます。


これが歯周病治療・予防の基本となります。



次に「スケーリング&ループトレーニング」を行います。
進行を抑えるために歯石・歯垢を除去することを言います。
毎日の歯磨きで汚れ(歯垢)を完全に取り除けていないとそれが歯石となり、歯周病菌の住処となります。



また、歯周病になると歯周ポケットが深くなり歯石が溜まりやすくなるため、症状がどんどん進行してしまいます。



この悪循環を断つためにも大切な治療法です。

さらに、詰め物や被せ物をしている人はきちんと合っていなければ歯垢が付着しやすくなるので、チェックし、修正しておく必要があります。

また、歯周病は歯周病菌に感染する病気なので、必要に応じて抗生剤を使用したり直接歯周ポケットに薬を挿入すると言った治療も行われます。

他には歯軋りや噛み合わせの悪さも、生活習慣も歯周病治療の対象となります。

歯の健康は身体全体に繋がってきます。


健康な生活を送るためにも治療・定期検診を受けましょう。