歯周病治療は長期的なスパンが必要

歯周病は、成人の8割がかかっているという国民病です。痛みなどの自覚症状がないまま進行していくので、なかなか気づきにくく、発見した時には重症化していることが多い病気です。
歯茎が腫れることで、歯を支えている顎の骨が溶かされていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病治療では、まず、歯の汚れをきれいにして歯茎の腫れを改善します。
歯石を除去していきますが、歯茎の中に入り込んだ歯石まで取り除くので、治療回数が何回か必要になります。


歯石が奥深くまで付いているときは、麻酔をしてから行います。


歯周病治療では、自宅での歯磨きも重要な治療になります。

そのため、歯の磨き方の指導を受けることが大切になります。

歯周病治療の情報はこちらのサイトです。

歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシなどの補助道具を活用して歯と歯の間まできれいにしていきます。

外科的な歯周病治療もあります。



症状が進んでいる場合には、感染してしまった歯茎を切り取るなどの外科処置を行います。


歯周病によって溶かされた骨は、自然に戻ることはありません。

目的に応じてYahoo!知恵袋情報を楽しくお得に利用しましょう。

骨がないと、歯を支えられないので、グラグラ動くなどの症状が止まりません。

そこで、最近では骨の再生治療が行われるようになりました。骨の元になるタンパク質を骨に置いておくことで、骨を作ると言う治療です。

このような歯周病治療は、一回の治療が終わったらそこでおしまいというわけではなく、定期的に検診を受けて、歯石を取ったり噛み合わせの調整をする必要があります。